2009年10月22日

和紅茶ブレンダーとして

DSC04351.JPG

自分の肩書きを「和紅茶ブレンダー」と改めて約半年。最近はブレンドするのが本当に楽しい。

渋すぎる紅茶、パンチの無い紅茶、香りに癖のある紅茶・・・。何かしら欠点のある紅茶達でも、数%単位でのブレンドを施せば実に魅力ある深い味わいの紅茶になる。

経験を積めば大まかにこう混ぜれば良くなるだろう、と想像はつくが、いやはや、やってみれば意外な展開が待っていて実にスリリング。渋くない紅茶同士を混ぜてすごく渋みが出たりするんだから、まだまだ判らない事だらけな毎日。

紅茶をはじめて10年になるが、ここにきてこんな面白い現象に出くわすとは! ひとまず感知出来るようになった自分を褒め、さらに己の使命に奮わせる。

美味しくない、好みではない、と切り捨てるのではなく、それに潜む可能性をどこまでも探して、探して、探す・・・。

これが自在に出来るようになれば、どれだけ日本の紅茶の可能性が広がるだろう?品種や産地のもつデメリットを逆手に取って新たな価値観を作り上げるのだ!

切り捨ては止めて色んな紅茶と向き合う自分を作ろう。ああ、もちろん真面目に作ったお茶である、というのが絶対条件ですがね。

------------

和紅茶ブレンダー 岡本啓
● 紅茶専門店 くれは
http://www.creha.net/
● 和紅茶マイスターJAPAN
http://wakocha.seesaa.net/
● creharoyal japon
http://qshu-creha.seesaa.net/


posted by CREHAROYAL at 23:16| Comment(0) | 紅茶専門店 くれは 岡本ひろし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月25日

モンゴルの岩塩ミルクティー

DSCN2494.JPG

先日、ある人に誘われて福岡のモンゴル料理専門店に行ってきました。

ここはモンゴルの味付けをほぼそのままに出してくれるお店で、大変勉強になる。そしてありました!モンゴルと言えば「塩バターミルクティー(スーティーチャイ)」

モンゴルの環境では体を温め、ミネラルを補給し、唇の乾燥を防ぐのに必須のアイテム。数年前にインスタントバターティーなるものは飲んだことあるが、手作りは初めての体験。

注文するとお店の人から「あまり口に合わないかもしれませんよ・・」と忠告が。私は自分で作ったりした事があるので味の想像がつくが、確かに初めての人にはきついかもしれない。

「大丈夫です」というと・・来ました!本物のモンゴル茶ですよ。

飲んでみると、これが思ったより飲みやすい。塩が入っているので、お茶と言うよりスープ感覚で飲むと馴染める。私が今まで作っていたのはどうもお茶が濃すぎたようだ。意外にさっぱりとしてお茶(黒茶)の香りは控えめ。

バターが無いのは現地では入れない場合もある、というより、お店の人は「バターは入れませんよ」と言ってあったので地域差があるのか?

ミルクは牛の場合と羊の場合があるらしいが、羊のミルクは日本では手に入りにくいのと、癖があるので日本人には向かない、との理由で牛のミルクのみで作ってあるそうです。

写真は岩塩ミルクティー(※ ここの店ではスィタィ茶という)とミルク酒(※ これも美味しい!)とお肉料理。日本人は元々モンゴル系だからか、どの料理も違和感無く楽しめます。

ちなみに、お店は福岡県福岡市吉塚にある「チンギス・ハン」。非常によいお店なので、皆さんごひいきに。東京店もあるそうな。

------------

和紅茶ブレンダー 岡本啓
● 紅茶専門店 くれは
http://www.creha.net/
● 和紅茶マイスターJAPAN
http://wakocha.seesaa.net/
● creharoyal japon
http://qshu-creha.seesaa.net/


posted by CREHAROYAL at 19:54| Comment(0) | 紅茶専門店 くれは 岡本ひろし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月14日

夏空

DSC04497.JPG

ようやく九州も夏らしい雲が顔を出してきました。


P1020951.JPG

DSC04472.JPG

成長が遅めな今年2009年の茶畑のお茶たちも、ギラギラとした日光を浴びて、すくすく育ってくれるよう祈るばかりです。

------------

和紅茶ブレンダー 岡本啓
● 紅茶専門店 くれは
http://www.creha.net/
● 和紅茶マイスターJAPAN
http://wakocha.seesaa.net/
● creharoyal japon
http://qshu-creha.seesaa.net/


posted by CREHAROYAL at 21:55| Comment(0) | 紅茶専門店 くれは 岡本ひろし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月03日

李花

jgfxjgfkc.jpg

福岡県の農村・八女(やめ)では李(すもも)の花が満開! 果樹園では一面に花の香りが漂っています。

今年のお正月に作った梅の花の和紅茶「紅寒梅(べにかんばい)」が好評だったので、李の花でも紅茶に遷香が出来ないかな?と思いましたが、

どうやらこちらでは良い香りには仕上がらないようです。残念。

美味しい果実が実るのを待ちましょう。

------------

和紅茶ブレンダー 岡本啓
● 紅茶専門店 くれは
http://www.creha.net/
● 和紅茶マイスターJAPAN
http://wakocha.seesaa.net/
● creharoyal japon
http://qshu-creha.seesaa.net/


posted by CREHAROYAL at 23:29| Comment(0) | 紅茶専門店 くれは 岡本ひろし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月02日

アーティスト「mitsu」さんの個展へ

rewdghj.jpg

佐賀県の小京都と呼ばれる、小城市のアートカフェ「ぎおぎお」さんに行って参りました。目的は当店のラベルなどもデザインしていただいている陶作家「mitsu(みつ)」さんの個展。

人気の和紅茶「嬉野アールグレイ」をはじめ、先鋭的なデザインを得意とするmitsuさんですが、本領を発揮するのはウサギやネコなどのほんわか系。


nbvcef.jpg

fer3fw.jpg

雛祭りをテーマにした新作は、どれも心を解きほぐしてくれるような一品ばかり。

土地に人の心が宿り、こんなに楽しい世界が出来上がります。

------------

和紅茶ブレンダー 岡本啓
● 紅茶専門店 くれは
http://www.creha.net/
● 和紅茶マイスターJAPAN
http://wakocha.seesaa.net/
● creharoyal japon
http://qshu-creha.seesaa.net/


posted by CREHAROYAL at 22:59| Comment(0) | 紅茶専門店 くれは 岡本ひろし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月12日

新雪

DSCF0243.JPG


2009年。明けましておめでとうございます。

九州でもさすがに本日は白く化粧がかかりました。

こんな時にはお茶を片手にゆっくり内から温めたいもの。

極上の一杯をもとめ、今年も頑張ります。

------------

和紅茶ブレンダー 岡本啓
● 紅茶専門店 くれは
http://www.creha.net/
● 和紅茶マイスターJAPAN
http://wakocha.seesaa.net/
● creharoyal japon
http://qshu-creha.seesaa.net/


posted by CREHAROYAL at 20:38| Comment(0) | 紅茶専門店 くれは 岡本ひろし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月13日

秋番茶

ioufyhoui.jpg

嬉野で頂いた秋の緑茶とそれを焙じたもの。

秋ならし以降のお茶は緑茶や紅茶には合いませんが、「青柳」といわれる大き目のお茶にして、そこから焙じ茶を作ると上品で味わい深い、そりゃあ美味しいほうじ茶が出来るのです。

同じお茶でも、時期や状態によって緑茶以外のお茶の可能性を試したっていい。今起こっている地紅茶のブームや番茶を見直す動きも理に適ったものだと思います。

春は緑茶 → 夏は紅茶 → 秋は焙じ茶という流れはとても無駄が無く年中美味しいお茶が楽しめるのではないでしょうか?

お茶の世界は無限大。緑茶に拘泥しなくてもいい。美味しいお茶を沢山紹介できる人間になりたいです。

------------

和紅茶ブレンダー 岡本啓
● 紅茶専門店 くれは
http://www.creha.net/
● 和紅茶マイスターJAPAN
http://wakocha.seesaa.net/
● creharoyal japon
http://qshu-creha.seesaa.net/


posted by CREHAROYAL at 22:59| Comment(0) | 紅茶専門店 くれは 岡本ひろし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月29日

美味しい柚子を求めて。

ougvb.jpg

和のフレーバーティーに新作の「ゆず紅茶」が登場しました。

以前軽く紹介しましたが、皆様からの熱いリクエストもあり、頑張って構築しました。

柚子ピールもできうるかぎり香りに優れた質の良いものを!と、柚子の産地である大分県中津江村に行ってまいりました。


oiuhkm.jpg

ここは上質な柚子が生産されているところで、他にもこんにゃくわさびなどで有名です。山間部なので九州の中でも気温が低く、すでに雪がちらつく寸前でした。(※ 実際に夜は初雪が降ったそうです)

それでも、まだ最後の収穫を控えた柚子たちがかろうじて残っていました。減農薬ですので見た目はごっついですが、その分味も香りもしっかりとしたものが作られています。

中の工場では、皆さんが手作業で丁寧に柚子の皮を選別し、綺麗に皮、ヘタ、種、そして実の部分へと分けられています。


ytrdsxc.jpg

uiyugf.jpg

大自然の中で、山の恵みを大事に活かそうとする皆様の心遣いに溢れている場所でした。

「こんどはわさびの収穫にいらっしゃい。」と嬉しいお誘い。また中津江に遊びに行きます!

------------

和紅茶ブレンダー 岡本啓
● 紅茶専門店 くれは
http://www.creha.net/
● 和紅茶マイスターJAPAN
http://wakocha.seesaa.net/
● creharoyal japon
http://qshu-creha.seesaa.net/


posted by CREHAROYAL at 22:34| Comment(0) | 紅茶専門店 くれは 岡本ひろし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月08日

無農薬国産紅茶

fewfew.jpg

色んな表示法により、「無農薬」という言葉を商品に付けてはいけない事になっています。しかし、紅茶生産者の多くの皆さんが化学農薬を使用しない、自然な方法での栽培をされています。

手を抜いた結果の無農薬もあるかもしれませんし、十分に考えた上での最低限の農薬使用もあるでしょう。

それが本当に手と愛情を掛けたものかどうかは、こちらも全身全霊をかけて飲む!という事でしか分かりません。

真贋を見極む眼を養うため、今日も現場に赴きます、


ffwf.jpg

和紅茶ブレンダー 岡本啓
● 紅茶専門店 くれは
http://www.creha.net/
● 和紅茶マイスターJAPAN
http://wakocha.seesaa.net/
● creharoyal japon
http://qshu-creha.seesaa.net/


posted by CREHAROYAL at 20:48| Comment(0) | 紅茶専門店 くれは 岡本ひろし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月27日

柚子 -yuzu-

44_57-1.jpg

大分県より柚子の乾燥チップが到着しました。

届いたのは、最も香りの強い皮の部分を顆粒状にしたもの、果汁をフリーズドライにしたものの2種。

香りは皮の部分が良いし、酸味を楽しむなら果汁の方。混ぜれば良いかというとそう単純でもなく、量の調整は意外に難しい。

最高にうまい「柚子紅茶」を目指し、しばらく研究室に籠ります!

------------

和紅茶ブレンダー 岡本啓
● 紅茶専門店 くれは
http://www.creha.net/
● 和紅茶マイスターJAPAN
http://wakocha.seesaa.net/
● creharoyal japon
http://qshu-creha.seesaa.net/


posted by CREHAROYAL at 22:44| Comment(0) | 紅茶専門店 くれは 岡本ひろし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月16日

和紅茶オリジナル茶器 開発秘話 02

48_37-1[1].jpg

佐賀県嬉野「吉田焼」の馬場真理子氏より、図案が出来たとのお知らせ。しかもすぐにお店まで来て頂きました。はるばる嬉野よりありがとうございます。

実際の案を聞きながら、形状、テーマ、その他細部を決めていきます。今回決まったのは「シャープさ」「マイルドさ」の使い分け。嬉野紅茶などは香りがこもると、甘く蜜のような香りが残香として楽しめるし、逆に「べにふうき」などの紅茶品種は香りを広がらせた方が良いし、そうすると味わいも切れがよくなる。

という事で、香りを包み込むチューリップ型と広がりを持たせるアサガオ型の2つを軸に、馬場真理子さんならではのラインを取っていってもらいます。

後引きの有無、保温性、フタの持ちやすさ、茶葉の後始末のやりやすさ、さすが色んなリクエストで創作をされてきただけあってアイデアは豊富だし、実用性をしっかり考えていただけるのはありがたい。

私の持ってる急須がなぜ使いにくいかも分かりやすく図解にして説明してくれました。

う〜ん。奥が深い。

次はいよいよ型作り。実物を手にして再び熱く語り合いたいと思います。ちなみに、オリジナルの「茶筒」「砂時計」などにも話が及びました。和紅茶専用砂時計、いいのが出来そうです。お楽しみに。

------------

和紅茶ブレンダー 岡本啓
● 紅茶専門店 くれは
http://www.creha.net/
● 和紅茶マイスターJAPAN
http://wakocha.seesaa.net/
● creharoyal japon
http://qshu-creha.seesaa.net/


posted by CREHAROYAL at 22:48| Comment(0) | 紅茶専門店 くれは 岡本ひろし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月15日

和紅茶オリジナルの茶器を開発中!

P1030929.JPG

本日は佐賀県嬉野市にある「吉田焼」の里に行ってまいりました。

その目的は、待望の和紅茶専用の茶器を開発するため。昨年とあるご縁で私のハートを射抜いた「ホワイトフィールズポーセリン窯」に開発を依頼してきました。


P1030926.JPG

デザイナーの馬場真理子氏は地元の伝統的な技術を継承しつつ、ドイツのハレ・ブルグギービシュタイン芸術大学で修行をされてきた新たな感性も取り込まれて洗練された茶器の開発もされている、期待の新星なのです。

様々な陶磁器展で入賞されてきたその実力で和紅茶の世界観に新たな息吹を吹き込んでもらいます。


P1030924.JPG

良いものは一朝一夕には出来ません。しばらくお待たせするかもしれませんが、ぜひご期待下さい。


P1030930.JPG

P1030931.JPG

P1030927.JPG

ついでにお気に入りのティーポットを一つ買ってきました。大切に使わせてもらいます。

------------

和紅茶マイスター 岡本啓
● 紅茶専門店 くれは
http://www.creha.net/
● 和紅茶マイスターJAPAN
http://wakoucha.seesaa.net/


posted by CREHAROYAL at 11:00| Comment(0) | 紅茶専門店 くれは 岡本ひろし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月11日

静岡で包種茶!?

P1030275.JPG

最近、中国茶の話題が続いているようなので私も。

日本の茶農家で、本当の高品質な青茶(※ 中国の半発酵茶の一種)を目指して取り組んでらっしゃるのは、私の知る範疇では静岡の村松二六(むらまつにろく)さん

毎年スリランカや台湾などに足を運ばれ、実際に現地の職人から徹夜で指導を受けてさらに上を目指してお茶作りに励まれています。


P1030273.JPG

今年村松さんが作られた「包種茶」(ほうしゅちゃ / 中国青茶の一種)は萎凋香(※ いちょうか)が素晴らしく、台湾茶と日本茶の良い所同士を併せ持ったような秀作でした。いま私の愛飲茶のひとつ。きわめて生産量が少ないので大事に大事に飲んでいます。

ちなみに、これは非売品だそうです。

この技術を応用して作られた「静岡紅茶 ファーストフラッシュ」は当店でも1缶2000円(消費税込み)という他の和紅茶の数倍の価格ながらしっかりとリピーターの方がいらっしゃいまして、良いものを作れば価格が高くても欲しい人はいるのだ!ということが分かる事例でしょう。

説明の必要がない、圧倒的な感動を与えてくれる上質な紅茶を求めて、生産者の皆さんと一緒に技術を高めていきます!


P1030274.JPG

和紅茶マイスター 岡本啓
● 紅茶専門店 くれは
http://www.creha.net/

● creharoyal japon
http://qshu-creha.seesaa.net/


posted by CREHAROYAL at 12:52| Comment(0) | 紅茶専門店 くれは 岡本ひろし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月02日

紅茶にはお砂糖?

31-1.jpg

紅茶には砂糖を三つ〜♪なんて歌がありますように、紅茶と砂糖は共に進化してきた大事なパートナー。

砂糖なんか入れたら味がわかんなくなるよ、という意見もありましょうが、甘くするのも一つの楽しみ方。という訳で色んな砂糖を使って実験中。

てんさい糖、黒糖、上白糖、オリゴ糖、グラニュ糖、中ザラ糖、はちみつ、きび糖、いやぁ色々あるものですな。

同じ紅茶に同じ分量の砂糖を入れて味見。やってみると思った以上に過酷なティスティング。当然ながら甘い!自分の味覚が正しいかどうかだんだん分からなくなってくる。しかも妙に満腹中枢を刺激されておなか一杯に。

渋味に慣れすぎて甘い紅茶の楽しみ方を忘れていたか?スタッフ一同ふらつきながら何とか実験終了。結果としてお店で出すのはグラニュ糖が一番良いという事になりました。結局普通のまんまですが、無意識に出すのと意識的な選択は違うのです。





和紅茶マイスター 岡本啓(おかもとひろし)
* 紅茶専門店 くれは
https://www.facebook.com/creha.net
http://www.creha.net/

* さけのいちざ 季節のカタログサイト
http://qs1.seesaa.net/
* 漢方よりみちまわりみち
http://blog.livedoor.jp/babayakkyoku/
* 豊後・大山 ひびきの郷
http://www.hibikinosato.co.jp/

* 和紅茶梅酒 クレハロワイヤル
http://qshu-creha.seesaa.net/



posted by CREHAROYAL at 00:14| Comment(0) | 紅茶専門店 くれは 岡本ひろし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。